RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

English-Travel Blog

英語を好きになろう!外国人を好きになろう!海外に行こう!
<< ああ、こうやってフランス語の学習をすればよかったんだ | main | TOEFL の秘密 >>
生徒に英文法を分かりやすく教える方法を探していませんか?
0

    こんにちは、川辺諭と申します。
    15年くらい前から学習塾などで中高生を相手に、
    図形英文法で英語を指導してきました。



    また、中学一年生からでも分かるようにと工夫をこらし、
    図形英文法というオリジナルの英文法指導法と、
    図形英文法に準拠したドリルプリント教材を開発しました。



    実は私自身が英語を教えながら悩んでいました。



    細かい文法内容をカリキュラムにしたがって説明したところで、
    主語・動詞すら分かっていない生徒が書く英文は、
    いつまでたってもガタガタでした。



    テストでは、1つの英文をまるまる書かせる『和文英作』で
    点数を取れるはずもなく、
    選択問題や穴埋め問題で点数を稼がせるのがやっと。



    これでは埒(らち)が明かないと、
    英文法を基本から説明したくなるのですが、
    進度の都合もあるので、そうそう寄り道をするわけにもいきません。



    結局カリキュラムに沿って地道な学習を続けさせて、
    やがて英文法の『仕組み』が、自然に頭に定着することを祈るしかない。



    これがこれまでの英文法指導の現実ではないでしょうか。



    残念ながらこういった古い指導法でついて来るのは、
    一部の優秀でマジメな生徒だけでしょう。




    英文法のメカニズムを、
    わかりやすく説明する方法はないだろうか?





    こういった思いからあれこれと試行錯誤を繰り返し、
    英文を図形で囲う、オリジナルの指導法を考案しました。
    それが図形英文法指導法です。



    図形英文法指導法マニュアル初級編
    http://marusankaku.net/teach1.html




    | 英語教材 | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://english-travel.grass-net.com/trackback/1119908